イケダハヤト氏の 武器としての書く技術 を読んでアウトプットが重要とおもった件

イケダハヤト氏の武器としての書く技術を読んで印象に残ったことを書き留めておこうと思います。
[tmkm-amazon]4806147834[/tmkm-amazon]
書くというアウトプット作業がどれだけ重要かを教えてくれた
この本を読もうとおもったきっかけは30万人に届けて50万円稼ぐというキャッチコピー。自分自身数サイトを運営していてお小遣い程度だが収入を得ている身としてどのように収益をあげているのか、ブログ記事の投稿方法はといった点が気になった。
イケダハヤト氏はネット業界ではちょっとした有名人のようだ。最近ではCMにも出演しているようで。

気になった言葉まとめ
一章 文章が残念な人の10の特徴
文が長くなったら切る
同じ語尾が続かないように気をつける
箇条書きを有効に使う
まずは話すように (まずは質より量)
読む人の価値になるものをアップする
誠実に本音を語ろう
まずは結論から入ろう
ニッチなテーマには価値がある

第二章 凡人の文章を最強の文章に変える10の魔法

見出しや太字を入れる
読者の思考を先回りする
記事タイトルを工夫する 数字や具体的なものを32文字以内で

人目をひきやすいマジックワードを文章に入れる
 コンプレックス系
 おすすめ系 愛用している〜 知らない人は損している〜 ○年○をやった僕がおすすめする 
 権威系 東大生がしている ジョブズが愛用した
ワンテキスト、ワンテーマ
リズムのよい文章を意識する 改行を工夫する
半径3メートル以内の言葉を使う 専門用語は使わない
ひらがな、カタカナ、漢字のバランスに気をつける
ネットでウケる文脈を意識する
 話題にしたい部分があるもの、突っ込みどころがあるもの
 身近であるもの、B級感があるもの
 非常に意見が鋭いもの
 テレビで紹介されたもの、テレビで人気があるもの
 モラルを問うもの
 芸能人関係
 エロ
 美人
 時事性があるもの
 他人の不幸
 自分の人生と関係した製作、法改正など

第三章 月40万字書き続ける僕の12の秘密
完璧主義をやめよう 完璧な文章はありえない
下書きをためない50%の完成度でもアウトプットする
ひとつの文章を15分で書く
書くスピードを日頃から心がける
ネタ切れしないために 日々情熱を持っていよう
 部分的引用+自分の感想は便利
とにかく毎日書く
お金になれば継続できる
飛ばし読みする速読術を身につけよう

第四章 ここまで公開していいのか?書いて月50万円稼ぐ方法
毎月5万円稼ぐためには最低でも7〜8万PVは必要
最低10万PVはほしい
ブログはストック型ビジネス
まとめ記事を書いてはてブでブックマークされよう
検索エンジンを意識する
検索に引っかかるタイトルをつける
参考にしているブログ
 ホームページを作る人のネタ帳
 わかったブログ
 ネタフル
 gori.me
 ざ Startup
 バズ部
 ちきりんブログ
 脱社畜ブログ
固定読者を獲得する

収益
〜1万PV まで 〜1000円
5万PV 3000円〜10,000円
10万PV 10000円〜50000円
20万PV 50000円〜100000円
30万PV 100000円〜150000円
40万PV 150000円〜200000円
50万PV 200000円〜250000円

第五章 書く技術はこんなに人生を豊かにする
書くことでキャリアアップにつながるかも
書くことは原価O円
まずは備忘録でもいいので書こう
ブログを脳の外付けハードディスクとして使う

本を読んで感じたこと
時間がないからといって週一回ペースの投稿では全然足りないことに気付かされました。時間がないならばない時間で記事をかけるようにするか?を考えなくちゃいけないですね。重要なのはとにかく書く(アウトプット)ことが重要。

この記事をシェアする!

関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク