CN-R300WDとiPhone5Sを接続する方法

ekスペースにパナソニックのカーナビCN-R300WDを取り付けました。
現在は使用しなくなったiPhone4Sを接続して、音楽やビデオを再生していますが、今後新型iPhoneに変更した場合のために、Lightningケーブルで接続に対応しておく必要があります。
そこで、iPhone5Sのビデオがナビ画面に表示できるか確認しました。

iPhone5S、iPad miniなどのLightningコネクタをCN-R300WDと接続するのに必要な物

音楽のみ出力ならばiPod/USB接続用中継ケーブル CA-LUB200Dだぇでいいんですが、ビデオ出力となるとHDMI接続用中継ケーブル CA-LND200DApple Lightning Digital AVアダプタ MD826ZM/Aが別途必要になります。

今までのドックコネクタ(幅が広い端子)だとそのままビデオ出力できましたが、Lightningコネクタ接続の機種の場合、仕様の関係上、ビデオ出力は一旦HDMI接続に変換してからじゃないとだめになったようです。

CN-R300WDとiPhone5Sを接続する

ナビとiPhone接続

早速接続してみましょう。HDMI接続用中継ケーブル CA-LND200DとApple Lightning Digital AVアダプタを接続します。

HDMIを選択

たったそれだけです。かんたんですね。あとはネビのメニューからHDMIを選択します。

iPhoneの画面がそのまま表示できた!

画面表示可能

ナビの画面にiPhoneの画面を表示させることができました!画面がそのまま表示されるのでYoutubeやアプリなども画面に表示できます。

ビデオ再生できた!

動画再生もバッチリです!

操作はiPhone5S側で行う必要あり

一転残念なのが操作がiPhone本体で行う必要があるということです。ナビ画面で操作ができたら便利だったのにそこは残念な部分ですね。

この記事をシェアする!

関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク