ekスペースカスタム(B11A)にシートカバーをつけた

結構前にシートカバーを購入していたんですが、暑かったり寒かったり、まとまった時間が取れなかった(すべて言い訳です…)んですが、やっとまとまった時間と作業がしやすい気候となったので、ekスペースカスタム(B11A)にシートカバーを装着しました。

オートウェアのシートカバーを購入

オートウェアのシートカバー

シートカバーはオートウェア社エコノミータイプを購入。金額は約11,000円でした。以前もオートウェアのシートカバーを購入したことがあり、品質は満足していたので同じ会社より購入。グレードは迷ったんですが、嫁がメインで乗る車なのでそこまでこだわらない、最低限のタイプを選択しました。

用意するもの

シートカバーを取り付けるにあたり、以下の工具が必要となりまました

  • カッター
  • 14mmレンチ
  • 電動ドライバー
  • パネルはがし

電動ドライバーとカッターは助手席背もたれについいるテーブル用ネジ穴を開けるとき等に使います。14mmレンチは運転席の肘掛けを外す際に使用します。パネルはがしは指が届かないスキマにシートカバーを入れるために使用しました。

シートカバーをつける

シートカバー場所

準備が整ったところで、早速作業していきましょう。まずシートカバーの各パーツを確認します。シートカバー裏のタグには場所が記入されているので間違えないように分別しておきます。

まずは後部座席から

後部座席シートカバー

シートカバーの形状からして簡単そうな後部座席から始めました。シートカバーを上から被せます。

ヘッドレスト穴

上部のヘッドレスト部分については開いている穴を少しずらして押し込むことではめることができました。

ヘッドレスト部完成

きれいに仕上がりました。

チャックで固定

側面のチャックで固定します。

シートカバー座面

座面の部分もひっぱりながら固定。

純正の溝に固定

座席背もたれ裏にマジックテープと純正シートで使用しているプラスチックの溝で固定します。

シートカバーマジックテープで固定

マジックテープで固定はこんな感じです

ヘッドレスト部分

ヘッドレスト部は力任せに入れていきます。ちょっと固め。

次は助手席

テーブル部分を外す

助手席にはテーブルが付いているのでまずは電動ドライバーで外します。

シートカバーにネジ穴を開ける

テーブルが取れたら、ネジ穴部分に対してシートカバーに穴を開けます。手順としては、シートカバーをつけて、スキマから手を入れて、ネジ穴を確認しながら開けるとそこまでずれることはありません。

テーブルを取り付ける

ずれることなくネジ穴を開けることができました。あとはテーブルを外した逆の順番で取り付けていきます。

シートカバーを入れる

助手席座面部分下のプラスチック部分にシートカバーを入れるためにパネルはがし等の細い棒を使って入れていきます。

マジックテープとプラスチックで固定

座席の裏下側にマジックテープと純正シートで使わわているプラスチックの溝を使って固定します。

運転席側

運転席肘掛け外し

最後は運転席です。運転席側には肘掛けがついているのでまず肘掛けを外していきます。プラスチックの丸部分をパネルはがしなどで外していきます。

肘掛けを緩める

プラスチックが外れたら、14mmレンチを使って緩めます。

無事取り外し出来た

無事肘掛けをはずすことができました。

シートカバーを被せる

あとは助手席同様、座面と背もたれ部分にシートカバーを被せ、スキマにシートカバーが隠れるよう仕上げてきます。

運転席側フック部分

運転席側背もたれ部分にはフックがついているので、電動ドライバーを使ってフック部分のプラスチックを一旦外します。

運転席背もたれ部

シートカバーの上から固定するといい感じに仕上がりました。

シートカバー取り付け出来た!

ekスペースにシートカバー

約2時間程度かかりましたが、大きなトラブルもなくシートカバーをつけることができました。シートカバーをつけるといっきに雰囲気が変わっていいですね!

シートカバー後部座席

後部座席のシート具合はこんな感じです。まだつけたてなのでシワなどありますが、自然と消えると思います。

シートカバーは簡単に装着できておすすめ!

素人の自分が約2時間で作業できたので車イジリが好きな方であれば2時間以内で十分作業は完了すると思います。

この記事をシェアする!

関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク