今だけ?ipod Classic (MB147J)バッテリー交換依頼したら160GBモデル(MC297J)に交換になった!

どうも久々の更新です。部屋のBGM用として愛用しているiPod Classic(MB147J) 80GBモデルですが、常時電源を入れているためか、バッテリーがヘタってきました。東京出張の合間をぬってアップルストア銀座店でバッテリー交換を申し込みました。

アイポッド

アップルストア銀座店に行ってきた!

アップルストア銀座店内に入ると人がいっぱい。修理受付のジーニアスバーは4階にあります。本来ならば事前に予約しておいたほうがスムーズに受付してくれるのですが、何時になるかわからなかったので予約なしでいってみました。

金曜日の14時頃に行ってiPodについてと伝えると、15時から受付可能ということに。1階でMacやiPhone5sを触りつつ時間を潰しました。

15時になったので再度ジーニアスバーへ。iPod Clasic 80GBモデルのバッテリーがすぐ減ることを伝えると、軽く機種とシリアル番号を調べ、バッテリー交換はできず、本体交換になるとのことの説明を受けました。しかも同じモデルはないので新しい160GBモデルに交換となりますが、よろしいでしょうかとの相談。もちろん!交換おねがいしますと即答し本体交換となりました。

新品のiPod Classic(MC297J)に交換!

バッテリー交換費用として4,800円。もちこんだiPod Classic(MB147J)は回収され、新品のiPod Classic(MC297J)を渡されました。手続き時間は約15分程度で、スムースでした。確認するとちゃんと容量が160GBに増えており、モデル番号もMC297Jとなっていました。

バッテリー交換するなら今でしょ!

現在であれば新型に交換となりますが、期間がが経ってしまうと交換不能になるようです。
iPod Classic同様のモデルをもっていてバッテリーのヘタりが気になる方は今のうち(2013年10月現在)にバッテリー交換を依頼すると、最新で容量が倍になって帰ってきますよ!バッテリーのヘタリが気になる方はご参考までに!

この記事をシェアする!

スポンサードリンク

スポンサードリンク