Mac OS X Mavericksをクリーンインストールする方法、手順

2013年10月23日、とうとうMac OS X Mavericks(10.9)がリリースされましたね。事前の予想をいい意味で裏切り無償アップデート提供ということでAppleさんありがとうございます。

使っているMacはMountain Lion(10.9)なのでこの機会に心機一転、クリーンインストールでMac OS X Mavericks(10.9)をインストールしてみました。

Mac OS X Mavericksがインストールできるか確認しよう

お使いのMacがMac OS X Mavericksをインストールできるか確認しておきましょう。下記機種でsnowLeopard以降がインストールされている機種が対象です。詳細については下記のAppleのサイトで紹介されています。

Mac OS X MavericksがインストールできるMac

  • iMac(Mid 2007以降)
  • MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
  • MacBook Air(Late 2008以降)
  • Mac mini(Early 2009以降)
  • Mac Pro(Early 2008以降)
  • Xserve(Early 2009)

Apple:OS X Mavericks

新規インストールするために用意するもの

Mac OS X Mavericksをクリーンインストールするために以下のものが必要になります。

・8GB以上のUSBメモリ

念のため必ず現在の環境をバックアップしておきましょう。バックアップにはもちろんタイムマシンで行いました。
バックアップの方法は以下の記事が参考になります。

ASCII.jp:Macのバックアップ、Time Machineで始めよう!

タイムマシンに対応したNASや外付けHDDがあると便利です。

OS X Mavericks(10.8)をダウンロードする

OS X Mavericks(10.8)をダウンロード

App StoreからOS X Mavericks(10.8)をダウンロードしましょう。光回線で約40分程度かかりました。ダウンロード容量は約6GBです。

次には進まない

ダウンロードが完了するとインストールのウィンドウが表示されますが、次に進まず表示した状態にしておきましょう。
OS X Mavericks(10.8)の方は準備完了です。

USBメモリをフォーマット→インストールファイルコピー

次はUSBメモリにOS X Mavericksインストールファイルしましょう。USBメモリに保存しておけば好きなときにUSBメモリから新規インストールできますからね。

USBメモリを初期化する

USBメモリを初期化する

Macに8GB以上のUSBメモリを差し、アプリケーションフォルダ→ユーティリティ→ディスクユーティリティを選択します。

ディスクユーティリティ画面でUSBメモリを選択し、Mac OS 拡張(ジャーナリング)にしフォーマット(消去)します。今回は名前をMavericksにしました。

USBメモリにOS X Mavericksインストールファイルをコピー

インストールファイルをそのままドラッグアンドドロップでコピーしても使用することができないのでDiskMaker Xという簡単にインストールファイルを作成してくれる便利なツールを使用します。

DiskMaker X

ソフトをダウンロード

DiskMaker X公式サイトからファイルをダウンロードします。DiskMaker X

ファイルをマウントする

ダウンロードファイルをダブルクリックし、マウントします。

アプリケーションフォルダにコピー

DiskMaker Xをアプリケーションフォルダにコピーします。

DiskMaker Xを起動

アプリケーションフォルダ内にあるDiskMaker Xを起動します。

「Not Now」を選択

最初起動すると最新のOSファイルがあることを案内してくれます。すでにOS X Mavericksインストールファイルはダウンロード済みなので、「Not Now」を選択します。

Mavericks 10.9を選択

作成するインストールファイル選択画面に進むので、迷わず「Mavericks 10.9」を選択します。

OS X Mavericksインストールファイルが保存されている場所を選択します。アプリケーションファイル内にあるので「Use this copy」を選択します。

USBメモリにインストールディスクを作成するので「An 8GB USB thumb drive」(インストールディスクを8GB以上のUSBメモリーに作成する)を選択します。

保存先を選択

インストールディスクを作成するUSBメモリを選択します。今回はmavericksと名前にした8GBメモリに選択しました。

「Erase then create the disk」(USBメモリーを初期化してインストールディスクを作成する)を選択します。

次のステップで管理者パスワードを入力してくださいという画面が表示されるので「Continue」を選択します。

10分程度でインストールファイルが完成します!完了したら、「Quit」を選択し終了しましょう。

ターミナルの操作でも作成できる

一連の作業ですが、事前にUSBメモリをフォーマットしておけばターミナルを使用するとあっという間に作成できちゃう裏ワザ?が載っていたので紹介します。

MavericksのインストールUSBドライブはApple謹製のcreateinstallmediaコマンドで一発作成!

手順は至って簡単です。

1.8GB以上の容量があるUSBドライブをMacに挿す
2.ディスクユーティリティで「Mac OSX 拡張(ジャーナリング)」でフォーマットする
3.ターミナル上で以下の呪文をコピべ

$ sudo /Applications/Install OS X Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/名称未設定 –applicationpath /Applications/Install OS X Mavericks.app –nointeraction

約10分程度でUSBインストールメディアが完成です。

Mac OS X Mavericks(10.9)を新規インストールする

「Option」ボタンを押しながら電源

USBメモリをMac本体にさしたまま、「Option」ボタンを押しながら電源を入れます。

起動選択画面が表示されるのでUSBメモリを選択します。

OS Xユーティリティ画面が表示されます。Macのデータを初期化するためにディスクユーティリティを選択しましょう。

画面左側からMac OSが入っている領域を選択し、画面右下の「消去」を選択します。

ディスクユーティリティを終了し、「OS Xをインストール」を選択します。

OS X mavericksインストール画面に進むので「続ける」を選択します。

利用許諾を読んで、「同意する」を選択します。

インストール先選択画面に進むのでディスクユーティリティでデータを削除した領域を選択します。

インストールがはじまります。大体40分前後かかるのでほおっておきましょう。

日本を選んで…

キーボード

キーボードはことえりえを選択します。

Wi-Fiネットワークも登録しておきましょう。

データ転送画面が表示されますが今回は転送しません。

Apple IDとパスワードを入力します。

再度利用許諾が表示されるので読んで、「同意する」を選択します。

コンピュータアカウントを作成し「続ける」を選択します

入力したApple IDに対してMacを登録するか選択画面が表示されます。登録し「続ける」を選択します。

設定中画面が表示されるので少々待ちます。

無事インストール完了しました!

クリーンインストール簡単にできた!

上書きインストールよりもインストールメディアを用意する分時間はかかりますが、まっさらな状態なので動作も軽快です。空き容量も増えたので無駄なファイル、アプリケーションも削除できたのでいい機会でした。

この記事をシェアする!

関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク