b-mobile Wifi(BM-MF30)を買った

ipad、ノートPCなど無線LAN接続できる機器が周りに増え、外出先でも使いたいっという欲求が爆発しモバイルルーターの機器、プランをいろいろと調べて最終的に日本通信から発売されているモバイルルーター「b-mobile wifi(BM-MF30)」とSIMカード「b-mobileSIM U300」をアマゾンで購入しました。
b-mobile wifi(BM-MF30)

購入の決め手となったポイントをまとめると

  • 使用料金が安い!
  • 月々の支払いがない
  • 端末がSIMフリーで海外でも使える

という感じです。

b-mobile wifiとb-mobileSIM U300の良いところ

docomoやイー・モバイルなど数社からモバイルルーターが発売されていますが、月々の通信料を支払わらなければならい、2年縛りなどの理由によって候補から外しました。
使用用途はYoutubeなどの動画を見ることはあまりないし、メールの送受信、軽くWeb閲覧が出来ればいいという程度です。毎日持ち運んで使用するというよりも、週末の外出先でネットができればいいという程度です。

冠婚葬祭で親戚の家に行ったり、長距離のドライブ中にネットができたら暇な時間を有意義に使えるというのも購入のきっかけです。

モバイルルーター「b-mobile wifi(BM-MF30)」本体にデータ通信用のSIMカードを挿し通信設定を行うことで通信可能となります。
b-mobile wifi本体端末はいわゆるキャリアの縛りがないSIMフリーとなっているので、日本通信以外のドコモやソフトバンクなどのSIMカードを挿して本体設定を行えば使用することもできます。

「b-mobile SIM U300」は通信速度が300kbps(ベストエフォート)と制限されていますが、一定期間の通信料金を一括支払いするだけで月々の通信料の支払いもなく2年縛りなど一切ないというのが一番のメリットです。

通常であれば「b-mobile wifi」とSIMカード「b-mobileSIM U300」を別々に購入する必要がありますが、今回はキャンペーン中でb-mobileSIM U300が一緒になっている限定Happyパッケージを購入しました。12ヶ月分の料金で6ヶ月無料期間が付いてくる(!)というなんとも太っ腹キャンペーンでした。
b-mobileSIM U300
「b-mobileSIM U300
通信SIMの「b-mobileSIM U300」と本体端末の「b-mobile wifi(BM-MF30)」の合計金額を16ヶ月で計算すると、2,755円とめちゃくちゃ安い計算になります。

まずはb-mobile wifiの中身をチェック!

アマゾンで注文後、数日で商品が到着し早速開封してみました。
内容物

  • b-mobile wifi本体(BM-MF30)
  • USBケーブル(USB A オスーUSB Mini B オス)
  • ACアダプタ
  • 取り扱い説明書

表の表示はバッテリー、ネットワーク通信ランプ、電波強度、Wifi接続情報がわかるようになっています。
b-mobile wifi本体
ACアダプタといってもUSBケーブルを利用して充電するタイプなんですね。
miniUSB端子で接続なので、モバイルバッテリーと接続して使えば長時間使用可能です。
b-mobile wifiコネクタ部分
SIMカードは裏の蓋を開けて、バッテリーを外したらありました。
SIMカード
サイドは電源とWPSのボタンのみ。
電源、WPSボタン
重さも74.5グラム(バッテリー含む)ととても軽量です。
本体重量
次のエントリーで初期設定を行います。

この記事をシェアする!

関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク